Monthly Archives: 10月 2015

いざという時のための緊急避妊薬(アフターピル)の効果

避妊を行わずに性交渉してしまったが妊娠を避けたいという時の対処法をご存知ですか。その場合には緊急避妊薬(アフターピル)を飲むことで妊娠のリスクを減らすことができます。中用量ピルを使用したヤッペ法と呼ばれている方法は、性交渉後の72時間以内に緊急避妊薬を2錠飲み、その12時間後にまた2錠服用するというものです。緊急避妊薬の効果で強制的に生理が始まり妊娠のリスクがなくなります。しかし、従来のヤッペ法では吐き気などの副作用がおこることがあり、改良された新緊急避妊薬が近年発売されました。新しい緊急避妊薬は、薬を2錠1回だけ飲むことで副作用が殆ど無い為話題となっています。ここで緊急避妊薬として使われているピルについて説明します。ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つの女性ホルモンが含まれています。この女性ホルモン量の違いで高用量、中用量、低用量の3つに分類されています。中用量ピルには黄体ホルモンの量が多く含まれています。黄体ホルモンはもともと子宮内膜から分泌されているホルモンですが、中用量ピルを飲むことで黄体ホルモンの量が増加し子宮内膜が剥がれます。剥がれた子宮内膜は生理となって体外に排出されます。新しく発売された緊急避妊薬は緊急時に使うことだけを目的とした避妊薬で、薬の中には黄体ホルモンのみが含まれています。避妊効果はヤッペ法で使われた低用量ピルと同じですが、副作用がないことが特徴です。しかし、健康保険が適用されませんから従来の低用量ピルよりも割高になります。無理な性交渉で妊娠すると傷つくのは女性ですから急いで緊急避妊薬を飲むようにしましょう。薬を飲んで直ぐに吐いた場合は効果がなくなりますから、医師に相談して対応してもらいましょう。