Monthly Archives: 9月 2015

ピルの構造を理解すれば体温上昇に役立つとわかる

ピルの構造を理解すれば、ピルが体温上昇に役立つということがわかります。ピルと言うのは女性が利用する避妊薬のことを意味しますが、この避妊薬の役割は含まれている成分によって生理の時期をずらすことにあります。そのため、体温上昇などの身体的な特徴を利用して妊娠をさせない状態に一時的にすることが出来るのです。
ピルの構造は、女性ホルモンによって成り立っています。ピルに含まれている女性ホルモンを女性に対して投与すると、排卵の時期が遅れたり生理の状態が少し変化します。投与する時期を変化させると本人が望む時期に生理を変えることも可能で、こうした状況を作り出すことによって結果的に避妊を行っているのです。
ピルの構造的に、その薬を投与すると体内で女性ホルモンが活発に動き出して擬似的な妊娠状態を作り出すことが可能になります。実際に妊娠をしているわけではありませんが、身体が妊娠をしているという状態に錯覚するので、当然体温上昇に役立ったり本当に妊娠しているような身体状況になるのです。当然ですが、身体に妊娠状態を作ることが出来れば排卵が発生しなくなるので妊娠に必要な着床が起こらなくなります。子宮内でも、子宮内膜に少し変化が現れて着床がしにくい身体になるのです。そのため、ピルを服用した後は性行為をしてもほぼ100%の確率で避妊を成功させることが出来ます。
また、こうした避妊薬は事前に投与するものと事後的に投与するものの二つが存在します。事前に投与するのならば時期を考えて投与することもできますが、事後的に投与するのならば数日以内に投与しなければならないので緊急的に投与しなくてはいけません。この違いをきちんと理解して薬を使いましょう。