Monthly Archives: 8月 2014

日本はピルの使用率が低い

レイヤー-3日本では、深刻な超高齢化社会へと進む一方で、少子化時代にも過大が残されています。
また、世界でも日本はセックスレスの率が高くセックスに関連する薬の発展には世界から遅れを取っているのが現状です。
日本で使用される避妊方法は、コンドームの普及率が高く、その使用に関して知らない人は殆どいないです。
一方世界では、様々な避妊方法がありそのひとつとして、経口避妊薬のピルが存在しています。
一般的に避妊する方法としては日本ではあまりなじみが薄いかも知れませんが、世界的に見るとピルの普及率の方が多いのです。
欧州では、30パーセントから50パーセントの普及率であるのに対し、日本での普及率は、多くても3パーセントとかなり低いことがわかります。
では、なぜ日本はピルの使用率が低い原因としてあげられるのは、経口避妊薬として認可されるのが遅かった事もありますが、原因の多くはピルに対する正しい知識がなく、使用する事に対して偏見があったためとも言われています。
間違った知識が一人歩きしてしまったために、日本はピルの使用率が低いという事なのです。
ピルは、コンドーム等に比べても避妊率がもっとも高くほぼ確実な避妊が出来ることや正しく使用することにより女性にとってもとっても強い味方になることが出来る薬です。