ピルを服用中にロキソニンを飲んでも避妊成功する?

ピルは、妊娠したくないけれどセックスするときに、コンドームを使用しなくても避妊できる避妊薬ですが、基本的には毎日飲まなければ避妊成功はしません。

服用することで避妊成功の効果があるだけでなく、重い生理痛やPMS、子宮内膜症の軽減や、卵巣がんや子宮体がんの発生リスクを下げることにも役立ちます。

また、ピルには女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが含まれているため、胸が小さいことがコンプレックスで悩む人にはバストアップの効果も期待できることもあります。

服用によって様々な効果が期待できるピルですが、毎日飲まなければ避妊成功には繋がりません。
日常生活を送る上では、PMSや生理痛以外にも、頭痛や風邪、発熱などでほかの薬と併用して良いかは迷うところです。

市販の風邪薬、ロキソニンなどの鎮痛・解熱剤は、ピルと併用しても問題ないとされています。
特にロキソニンは、ピルを飲むことで出る頭痛や腹痛などの副作用にも効果的なので、ロキソニンなどの鎮痛剤がピルと一緒に飲めるのは安心です。

ピルは、体を妊娠した状態にするため、妊娠初期に起こる吐き気や胸の張り、頭痛などの症状を発することがあり、その場合は処方してくれた婦人科でも痛み止めなどの鎮痛剤を処方してくれることもあります。

ただ、風邪をひいた場合、抗生物質については併用できない場合もありますので、内科で診察を受けるときにピルを服用していることを医師にきちんと伝えておく必要があります。

ロキソニンとの併用は問題ないとされていますが、抗生物質や他の薬の中には、併用することで避妊効果を落としてしまう薬も存在するので、もし避妊目的で服用している場合は婦人科に相談するのが一番望ましいでしょう。